ビデオゲームの暴力シーンの影響を考えよう

2018年2月フロリダ州の高校で今までもたびたび起きている銃乱射事件が起きた。

【フロリダ高校乱射】「もう二度と」 米国の若者立ち上がる – BBCニュース

私もFPSで遊ぶので、ビデオゲームの影響で暴力事件が起きていると指摘されると複雑な思いはするが、ホワイトハウスが問題提起したことに対して真っ向から否定できないのも事実だ。

ゲーム規制:ホワイトハウスが「暴力的なゲーム」の映像集公開、CoDやFalloutも

アメリカは銃が簡単に入手しやすい環境で、乱射事件が発生する一番の理由はそこにあると思いますが、暴力表現がある製品についてホワイトハウスが問題提起しました。


【規制へ】ホワイトハウスが“暴力的なビデオゲームの映像集”を公開

URL: https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/ghard/1520643452/

1: 名無しさん必死だな 2018/03/10(土) 09:57:32.92 ID:LQABIeSR0

https://fpsjp.net/archives/304371
アメリカのドナルド・トランプ大統領がビデオゲーム業界の有識者と非公開で会合を行いました。
この会合で流された“暴力的なビデオゲームの映像集”が公開されました(現在はYouTubeの限定公開)。

ホワイトハウスのYouTubeチャンネルで公開されたこの映像には、『Call of Duty: Modern Warfare2』(しかも「No Russian」のステージ)、
『Wolfenstein』、『Dead by Daylight』、『SNIPER ELITE』、『Fallout 4』の部位切断などの残虐シーン映像が含まれています。

The Washington Post(ワシントン・ポスト)によると、トランプ大統領はこの会合の冒頭でこの映像を参加者に見せ、「ほら、暴力的でしょ?」と繰り返したそうですが、
ゲームにどのような背景があるのかという情報は一切排除され、特に有名な暴力的なシーンだけが集められています。

https://youtu.be/0C_IBSuXIoo

“ビデオゲームの暴力シーンの影響を考えよう” の続きを読む